格安スマホとは?

格安スマホとは?

格安スマホって、知っていますか? 最近では雑誌でもよく取り上げられているんです。

格安スマホとは、安い通信プランと安いスマホ端末のセットのことです。キャリアのスマホに比べて月額の支払いが安いという意味で、「格安」と呼んでいます。

格安スマホとは、安いスマホ端末と安い通信サービス(格安SIM)のセットです。

「格安」というだけあって、格安スマホを使うとこれまでのスマホ代がぐーんとお安くなるんです。どのくらい安くなるかというと、標準的な5GBのデータプラン+カケホーダイで利用していた人の場合、月10,000円も払っていたのが半額の5,000円になっちゃった!なんてことも。それで乗り換える人が増えているんです。

もし今すぐ格安スマホを始めたい!と思っても、ドコモ・ソフトバンク・auといったキャリアの店舗では契約することができません。格安スマホは、MVNOと呼ばれる通信業者が取り扱っています。

MVNOの多くは実店舗を持っていません。ではどこで契約できるかというと、MVNOのネットショップです。そこから通販するのが一般的ですが、一部のMVNOはヨドバシカメラなどの大型量販店、イオン等の販売店でも格安スマホを販売しています。

月額5000円の節約を実現する格安スマホ

本当に格安スマホにしただけで、月々5000円も安くなるものなのでしょうか?
実際どれほど違うのか、キャリアと格安スマホの使用料を比べてみましょう。

まず、キャリアから。標準とされている5GBプラン(カケホーダイ付き)の例です。

<キャリアスマホの月額費用> ドコモで契約の場合

項目 金額
音声通信(カケホーダイ) 2,700円
データ通信(データMパック 5GB) 5,000円
ネット接続料 300円
端末費用(24回分割支払い)
※端末はGalaxyActive neo SC-01H
2,275円
合計 10,275円

端末の分割費も入れると月々の支払いは10,000円! キャリアでスマホを契約している人は、毎月これだけの金額を支払っているのです。

次に格安スマホを見てみましょう。
格安スマホでは通話料金が別となるため、月に60分利用したとして試算してみました。

<格安スマホの月額費用> 通話60分の料金を含む。IIJmioで契約の場合

項目 金額
通話SIM(ライトスタンダードプラン5GB) 2,220円
端末費用(24回分割支払い)
※端末はZenFone 2 Laser
1,250円
通話料金 20円/30秒
※1月に60分利用したと仮定
2,400円
合計 5,870円
※表中の料金はすべて税抜き

いかがでしょうか。キャリアと同じ5GBプランでも、格安スマホは5,870円。キャリアの10,275円に比べて、5,000円近くも安くなりました。1月で5,000円ということは、年間60,000円もの節約になります。

以下の記事もよく読まれています!