高速低速切替

格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「高速低速切替」について説明します。

高速低速切替とは

データ通信の速度を切り替えることができる機能。

この機能のあるMVNOでは、高速モード(MVNOが設定しているベストエフォート値)で使うか、低速モード(本来、データ容量を使い切った時に制限された場合の速度 200kbps 程度)で使うかを切選択することができます。

アプリを利用して切り替えることが多く、この機能はMVNOごとに呼び名が違っています。

なぜ高速と低速の切り替え機能があるのか

データ通信は、基本的に、高速でも低速でも利用できます。

スマホの原則として、低速の場合は料金プランの「データ容量」にカウントされません。

つまり、一ヶ月間ずっと低速でデータ通信を続けた場合、「使用したデータ容量」はゼロ。

その代わり、画像などの重たいデータを開くには時間がかかります。

低速と言われる速度は一般的に200kbpsですが、これは1秒間に日本語を2万文字送れる速度です。

つまり、画像なしのデータ(メールやLINEなど)であれば、低速でもほぼ待ち時間なしで利用できるということ。

それを利用して、ユーザーが自分自身で低速と高速を切り替え、一ヶ月間のデータ容量を節約するという使用ができるということです。

以下の記事もよく読まれています!

  • 無料オプション無料オプション格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「無料オプション」について説明します。 無料で利用できる […]
  • 独自ルール(知っておきたい補足)独自ルール(知っておきたい補足)格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「独自ルール(知っておきたい補足)」について説明します。 […]
  • ショップ(対面購入)とサポート店舗ショップ(対面購入)とサポート店舗格安スマホ事業者(MVNO)一覧の項目の中から、「ショップ(対面購入)とサポート店舗」について説明します。 […]
  • 事務手数料(SIM変更手数料)事務手数料(SIM変更手数料)格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「事務手数料(SIM変更手数料)」について説明します。 […]
  • 代替機代替機格安スマホ事業者(MVNO)一覧の項目の中から、「代替機」について説明します。 もしスマホが故障したら […]
  • 端末セット購入端末セット購入格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「端末セット購入」について説明します。 端末を購入できる […]