シェアSIM(データ分け合い)

格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「シェアSIM」について説明します。

シェアSIMとは?

ひと月で利用できるデータ通信の容量を複数枚のSIMカードで共有して消費する契約のことをシェアSIMといいます

複数枚のSIMカードで、ひと月のデータ容量を分け合って利用することを「シェアSIM」または「シェアプラン」と呼びます。

「家族プラン」というような表現をしているMVNOもあります。

メインになる主SIMカードと、2枚目以降となる子SIMカードがあり、主SIMカードの契約で支払いをまとめて行います。

シェアSIMはどんな使い方をするのか?

シェアSIMは、家族で利用してシェアする方法もありますし、一人のユーザーが複数枚のSIMカードを契約し、持っているデバイスに入れて利用することでテザリングの手間をなくす方法もあります。

  • 家族で利用
    例)父親の主SIMカード1枚、子SIMカードを数枚契約する。支払いはすべて父親名義の主SIMカードでまとめて支払い。
  • 1人で契約してスマホとタブレット利用
    例)スマホに入れる主SIMカードは音声通話SIM契約、2枚目の子SIMカードはデータ専用SIM契約にしてタブレットで利用する。

シェアSIMの注意点

シェアSIMの契約はMVNOによって様々なパターン(ルール)がありますので、契約の際にはよく確認しましょう。

例えば、以下のようなパターンがあります。

  • 1枚の主SIMに対して、増やせるSIMの枚数が3~5枚までと枚数に上限がある場合がある
  • 主SIMカードがデータSIM契約の場合、子SIMカードもデータSIM契約に限定される場合がある(主SIMカードが音声通話SIM契約でないと、子SIMカードを音声通話SIM契約にできない)
  • そもそも子SIMカードはデータSIM契約のみ(音声通話SIM不可)の場合もある

シェアSIMじゃなくても分け合える?

シェアSIMという使い方をしなくてもユーザーでデータ通信を分け合うことができるMVNOもあります。

シェアSIMとしての契約を行わなくても、友人同士でデータ容量をプレゼントしあうことのできるMVNOもあります。

もちろんこの場合支払いは別。ひと月のデータ容量をシェアするというよりも、余った分をあげるというやり方です。

以下の記事もよく読まれています!

  • 事務手数料(SIM変更手数料)事務手数料(SIM変更手数料)格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「事務手数料(SIM変更手数料)」について説明します。 […]
  • 通話にも要注目通話にも要注目自分の通話パターンを把握しよう! 格安スマホ、実は通話でもかなりの節約が見込めます。一口に通話と言っても […]
  • あなたに合った最適プランはあなたに合った最適プランは通話タイプからMVNOを絞り込む 通話のプランは各社1~2プランほど。 ここからまずは自分に向いて […]
  • チャットチャット格安スマホ事業者(MVNO)一覧の項目の中から、「チャット」について説明します。 MVNOサイト内のチャ […]
  • 代替機代替機格安スマホ事業者(MVNO)一覧の項目の中から、「代替機」について説明します。 もしスマホが故障したら […]
  • プリペイドプリペイド格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「プリペイド」について説明します。 前払い式のSIMカー […]