通話SIMの通話料は従量課金制-格安スマホの節約効果

通話SIMの通話料は、従量課金制により1分につき40円(例:30分通話すると1200円)がデータ料金とは別にかかります。

通話SIMのプランには通話料金が含まれていません。キャリアの通話プランはカケホーダイを含む料金でしたが、格安スマホにおける通話SIMプランの金額はあくまでデータ容量に対する料金です。通話SIMの通話料は従量課金制となっています。1分の通話につき40円がプラン代とは別にかかります。例えば30分通話した場合、30分×40円=1,200円が加算されます。データ通信SIMより金額が高いのは、通話できるという付加機能に対する料金です。

以下の記事もよく読まれています!

  • シェアSIM(データ分け合い)シェアSIM(データ分け合い)格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「シェアSIM」について説明します。 シェアSIMとは? […]
  • 事務手数料(SIM変更手数料)事務手数料(SIM変更手数料)格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「事務手数料(SIM変更手数料)」について説明します。 […]
  • あなたに合った最適プランはあなたに合った最適プランは通話タイプからMVNOを絞り込む 通話のプランは各社1~2プランほど。 ここからまずは自分に向いて […]
  • 電話オプション電話オプション格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「電話オプション」について説明します。 格安 […]
  • 中継電話(プレフィックス発信)中継電話(プレフィックス発信)格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「中継電話(ちゅうけいでんわ)」について説明します。 中 […]
  • データ通信量の目安データ通信量の目安そもそも1ギガ(GB)とは? データ通信には「速度」と「通信量」があります。 データ通信量はギガという […]