データ通信SIMプランと通話SIM-格安スマホの節約効果

格安スマホのプランには、主にインターネットを使う人向けのデータ通信SIMプランと、インターネットも電話も使う人向けの通話SIMプラン(通話料金は1分40円)の2種類があります。

格安スマホのプランには2種類あり、契約時にどちらかを選択することになっています。データSIMプランは、主にインターネットを使う人向けです。通話SIMプランは、インターネットと電話の両方を使いたい人向けです(※通話料金は別途1分40円かかる)。通話SIMは通話ができるので、データSIMより700円程度高くなっています。キャリアのデータプランに比べると、格安スマホの方がデータ容量の幅が細かいという特徴があります。

以下の記事もよく読まれています!

  • 事務手数料(SIM変更手数料)事務手数料(SIM変更手数料)格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「事務手数料(SIM変更手数料)」について説明します。 […]
  • 通話にも要注目通話にも要注目自分の通話パターンを把握しよう! 格安スマホ、実は通話でもかなりの節約が見込めます。一口に通話と言っても […]
  • 国際ローミング国際ローミング格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「国際ローミング」について説明します。 国際ローミングと […]
  • キャンペーン(例)キャンペーン(例)格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「キャンペーン(例)」について説明します。 キャンペーン […]
  • なぜ皆キャリアスマホを使うの?なぜ皆キャリアスマホを使うの?iPhoneから始まったスマホ市場 日本におけるスマホ市場は米国アップル社のiPhone発売から始まりま […]
  • データ通信量の目安データ通信量の目安そもそも1ギガ(GB)とは? データ通信には「速度」と「通信量」があります。 データ通信量はギガという […]