データ通信SIMプランと通話SIM-格安スマホの節約効果

格安スマホのプランには、主にインターネットを使う人向けのデータ通信SIMプランと、インターネットも電話も使う人向けの通話SIMプラン(通話料金は1分40円)の2種類があります。

格安スマホのプランには2種類あり、契約時にどちらかを選択することになっています。データSIMプランは、主にインターネットを使う人向けです。通話SIMプランは、インターネットと電話の両方を使いたい人向けです(※通話料金は別途1分40円かかる)。通話SIMは通話ができるので、データSIMより700円程度高くなっています。キャリアのデータプランに比べると、格安スマホの方がデータ容量の幅が細かいという特徴があります。

以下の記事もよく読まれています!

  • 通話料通話料格安スマホ事業者(MVNO)一覧の項目の中から、「通話料」について説明します。 格安スマホはほどんどが3 […]
  • 格安スマホの節約効果は?格安スマホの節約効果は?そもそもキャリアスマホってどのくらいかかっているの? そもそも、キャリアの料金はどのようになっているので […]
  • 格安スマホの注意点格安スマホの注意点これまでキャリアのスマホでは当たり前と思っていたことができなくなる?格安スマホのデメリットをまとめました。 […]
  • プリペイドプリペイド格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「プリペイド」について説明します。 前払い式のSIMカー […]
  • 特徴的なサービス特徴的なサービス格安スマホ事業者(MVNO)選びの項目の中から、「特徴的なサービス」について説明します。 独自のサービス […]
  • 増えはじめた格安スマホユーザー増えはじめた格安スマホユーザー今、格安スマホユーザー(格安SIMサービス契約者)が右肩上がりで増えています。2014年12月時点で892 […]